2021年3月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アクセスカウンター

  • 174268今までのアクセス数:
  • 1今日のアクセス数:
  • 19昨日のアクセス数:

最近の投稿

カテゴリ

新年祝祷奉納演奏

2021年2月18日

新年祝祷奉納演奏-寺井久八郎氏

能管森田流笛方の無形重要文化財保持者である寺井久八郎氏(本納寺檀信徒)が、コロナ禍にもかかわらず、本年も新年祝祷演奏を奉納してくださいました。
本堂・墓地に鋭い笛の音が響き渡り、身の引き締まる思いでした。御年八〇歳の久八郎氏、益々のご活躍をお祈りします。

コロナ禍 歳末祈祷会

2021年1月20日

コロナ禍 歳末祈祷会


昨年の12月28日に歳末祈祷会にて、修法(木剣を使用した加持祈祷)を行い、新年を迎えるにあたり、皆さまの心身の大掃除として、『身体健全』『家内安全』等、皆様の諸願成就を祈念いたしました。
コロナ禍での開催でしたが、ビニールシートやアクリル板などで充分な安全対策の下、厳修いたしました。
例年そのあとに開催されていた恒例のもちつき大会は、中止いたしました。
IMG_8775 祈祷会の模様_(動画)

おもちつき中止のお知らせ

2020年12月18日

毎年12月28日に開催しておりました恒例「おもちつき」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止と参詣者の安全を考慮し、中止いたします。
※歳末祈祷会は10時より厳修いたします

本堂耐震ならびに瓦葺替工事 竣工式

2020年11月15日

宗祖御降誕800年慶讃事業 本堂耐震ならびに瓦葺替工事竣工式


8月23日、改修されたご本堂において竣工式を行いました。
本来ならば完成落慶法要を6月14日に開催するはずでしたが、新型コロナウィルス感染防止のため、宗祖御降誕800年の正当である令和3年2月16日を目途に延期いたしました。今後、世情を注視し年明けに落慶法要決行の判断をするという予定にしております。
しかしその間、本堂を使用せずというわけにはいかないので、先日ひとまず事業委員会各位ならびに工事業者の代表のみの少人数で、十分な安全対策を施した上、竣工・入佛式を開催した次第です。
法要は保存修復された御本尊・三光天の入魂と本納寺伽藍繁栄・檀信徒護持山門等を祈り、ご祈祷いたしました。続いてご先祖報恩とともに檀信徒への感謝の意を御宝前に奉告いたしました。
また今改修工事施工の、ますいいリビングカンパニー・堂宮鈴木工務店・アスカ工業には宗門より届いた宗務総長感謝状を授与しました。

コロナ禍秋彼岸

2020年10月8日

コロナ禍秋彼岸


このたびの秋彼岸法要は、瓦改修後の本堂に戻って初めての行事でした。このコロナ禍にあって、導師前にはアクリル板、内・外陣の境にはビニールシートを張り巡らせた中での法要となりました。玄関で検温・手指消毒の上、マスクを着用しての参列です。
この法要はお盆法要と同様に、オンライン配信を致しました。

お彼岸中の墓参は予想以上に多く、用意していた樒を追加注文するほどでした。
混雑するお線香受付では、ソーシャルディスタンスを保つためにラインを引き、動線も一方通行にするなど対策をとりました。


本堂瓦ドローン撮影

2020年9月16日

本堂瓦ドローン撮影


8月下旬、コロナ禍もあり大分遅れていましたが、ようやく本堂瓦工事が終了し、本堂使用が再開されました。
完成後の屋根を撮影しました。

メダカの放流

2020年8月9日

メダカの放流

お参りやご法事の際に、境内の池を覗くのを楽しみにしている方も多いと思います。春にはオタマジャクシ、他の季節はタナゴ、赤い金魚、黄色いメダカ、黒いメダカなど、いろいろいるのですが、最近、背中が青いメダカが泳いでいるのにお気づきですか?これは、お檀家の飯田雄次郎さんがご自分で育てた中から、たくさん持ってきて入れて下さったものです。スケルトン状の白っぽい体の背中の部分に、青い筋が一本光っている「幹之(みゆき)」という種類です。足音や影におびえてすぐ深いところに潜ってしまうので、そーっと覗いてみて下さい。

令和二年盂蘭盆法要

2020年7月28日

コロナ禍オンライン法要

新型コロナウイルス感染防止のため、本年は参列者なしで盂蘭盆・新盆法要ならびに施餓鬼法要を行い、オンライン配信いたしました。

ブルーインパルス

2020年7月4日

#医療従事者のみなさん有難うございます。

先日、本堂瓦工事の足場に登り、本納寺上空を飛行するブルーインパルスを撮影いたしました。青空に白い飛行機雲がぐんぐん伸びる様子はとても美しいものでした。

ソーシャルディスタンス

2020年6月16日

三密(密閉・密集・密接)を避けて,安全に過ごしましょう!

TOPへ戻る